手軽に導入できる電話会議

手軽に導入できる電話会議

    離れた場所から映像と音声を送信し合って会議する電話会議という物がありますが、これには専用のシステムが必要となり、多額の設備投資が必要となるため一般人にはとても利用できない代物でした。

    しかし、インターネットが普及して、さらに各家庭にパソコンが設置されるのが当然のようになることで、ビデオ会議と似たWEB会議という新しい遠隔会議の選択肢が生まれたのです。パソコンにWEBカメラを繋げて、自分の顔を写した映像をインターネットで相手に送りながら、相手からも同じく相手を映した映像を受け取り合う、光回線など高速のインターネット回線が一般にも広まったからこそ可能となったパソコンとインターネットを介して繋がる新しい会議の形です。前述したように現代においては一般家庭でも揃っている機材で充分であり、WEBカメラの映像も最新のコーデックを使って最小のファイルサイズにして送信するため、高速回線であればリアルタイムで実際に対面しているかのように会議を行なうことができます。

    また、インターネットでお互いに繋がっていることから、会議の資料やちょっとした書き込みなども共有することができるので、ビデオ会議以上に便利な会議となるはずです。しかし、画質に関してはインターネットといういわゆる汎用の回線であるため、余り高品質の画質ではファイルサイズが嵩んでしまうため、専用の回線があるビデオ会議よりは画質が落ちてしまいます。しかし、WEB会議の便利さとそして手軽さは画質の差を覆して余りある利点となるでしょう。

ページ上部へ